Yokobayashi Lab

紹介

沖縄科学技術大学院大学(OIST)の核酸化学・工学ユニット(横林研究室)では、DNAやRNAなどの核酸に関わる、化学や生物工学の研究を行っています。当研究室は、2004年にカリフォルニア大学デイビス校(UC Davis)の医用工学科(Department of Biomedical Engineering)にて発足し、2015年7月に現在のOISTに移ってきました。

更新情報・ニュース

技術員(テクニシャン)を募集中です。

2021/10/22
金さんによる、リボスイッチ制御VSVベクターのES細胞への応用に関する論文が、ACS Synthetic Biologyに掲載されました。
2021/09/01
野間智也さんがローテーションを始めました。
2021/08/11
新しい人工リボザイムscaffoldについての、Kamilaの2報目の論文がACS Synthetic Biologyに掲載されました。
2021/08/05
セルフリーリボスイッチに関するTakeshiの総説RSC Chemical Biologyに掲載されました。
2021/07/31
7月がKamilaのOIST最後の月でした。次のポジションでの成功を祈ります!
2021/07/06
福永さんのPD-SELEX論文Nucleic Acids Researchに受理されました。「Breakthrough Article」として選ばれました。
2021/07/01
新しいメンバーとして、Marius Baeken博士が研究室に加わりました。
2021/06/22
Lara Sellés Vidal博士が、日本学術振興会外国人特別研究員として研究室に加わりました。
2021/05/07
FernandaとSamiraがローテーション学生として8月まで研究室に加わります。
2021/04/01
Gearが日本学術振興会の特別研究員(DC2)に採用されました!

過去の更新情報・ニュース

連絡先

住所

〒904-0495 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1
沖縄科学技術大学院大学
核酸化学・工学ユニット

E-mail