>> HOME >> Open Positions: Postdoctoral Scholar
Open Positions
博士研究員 2018

沖縄科学技術大学院大学(OIST)の核酸化学・工学ユニットにおいて博士研究員を募集します。 当研究室はカリフォルニア大学デービス校から2015年にOISTに移り、現在は次世代シーケンサーを駆使した機能性核酸分子の研究に力を入れています。リボザイムを始めとした機能性核酸の配列と機能に関する基礎的な研究だけでなく、生物学的応用や遺伝子治療などへの応用を目指し、外部研究者(大学・民間企業)との共同研究も積極的に行っています。 (Photo credit: OIST)

勤務地住所

沖縄県恩納村字谷茶1919-1

業務内容

具体的なプロジェクトは研究員の経験をふまえ、相談の上決定します。さらに博士研究員は研究成果を論文や学会で発表すること、研究室の運営への寄与、および研究室内外の他研究者と共同研究・ディスカッションを行うことが求められます。現在は下記の分野において積極的に募集しています

<核酸化学> オリゴ核酸および小分子合成の経験がある核酸化学者で、その他の分野の手法も取り入れつつ(共同研究も含む)新しい機能性核酸の開発に意欲がある方。多様なバックグランドを持つユニット内外の研究者と協力して研究を進められる方。十分な有機合成技術と関連分析技術(NMRなど)が必要。ITCやSPRなどの生体分子相互作用分析の経験があれば尚可。本分野については直ちに採用可能です。

<その他生命科学・化学> 化学もしくは生命科学(実験もしくは計算どちらも)の様々な分野において優秀な実績を持ち、各自の専門知識および技術を機能性核酸(DNA、RNA、もしくは人工核酸)の開発に応用することに関心がある方。機能性核酸の設計・解析のための手法の開発、in vitroもしくは様々な細胞・生物における機能性核酸の応用、などが代表的な研究テーマです。候補者自身の自発性や創造性が求められます。また、このポジションの採用時期は本ユニッ トの構成員の専門分野のバランスと、研究室スペースの空き状況に依存します。

研究設備など

OISTの研究者は様々な最先端の共同研究機器を利用できます。また、ユニット内にも日常的に使用する機器はほぼ揃っています。必要に応じて新しい手法を学び、これらの設備を最大限活用することが期待されます。共同機器の一部:次世代シーケンサー、FACS、イメージングサイトメーター、マイクロ流路液滴生成装置及びソーター、AFM、ITC、SPR、顕微鏡コア施設。

応募資格

関連分野における博士号を持つこと。研究に必要な、英語による基礎的なコミュニケーション能力(ディスカッション、発表、報告書など)を有すること。

勤務形態

常勤、3ヶ月の試用期間を含む1年間の任期制雇用(更新可)

着任時期

相談に応じます。

待遇

本学園の規程に基づき経験・能力に応じて支給する。(本給、通勤手当、住居手当、赴任手当)
年次有給休暇、夏季休暇、私学共済
勤務時間: 9:00-17:30(裁量制)

応募書類

以下の書類(英文もしくは和文)をPDFファイルでrecruit.nace@oist.jpまで電子メールで提出。

1. カバーレター
2. 履歴書(CV)および参考意見を聴取可能な方2名以上の連絡先
3. 現在および過去の研究内容のサマリー(上記応募資格を満たしていることがわかるもの)

募集期間

適任者がみつかり次第終了

その他

OISTは学生、研究員、教員の過半数が国外出身者で占められる国際的な大学院大学です。授業やセミナーは全て英語で行われ、当ユニットの研究会も英語で行っています。研究環境としては、次世代シーケンサー、セルソーター、各種顕微鏡、質量分析装置などの共用機器や設備が充実しています。